スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信19 「琥珀の欠片」 

前回から引き続き、放映初っ端は現代での日常的ひとコマv
食糧事情的意識の食い違いは、もはや素のままでコメディですね。
まぁ、現代のように食糧はほぼ全てお店で『買う』ものではなく、自分の手で『採って』くるもの。
ここで犬夜叉を叱る訳にはいかないかも。
でも、戦国時代にもゴキブリはいたはずだから、それを退治するのに鉄砕牙を抜いたのはちょっとお馬鹿な犬夜叉君。
そ~んなお馬鹿なところも、可愛いんですけどねっ♪

本当にアニメスタッフは作品全体を見通して、その上でファンが喜びそうなシーンは出来るだけ盛り込もうとしているんだなぁと、犬夜叉のご馳走で妄想しているシーンを見て思いました。
今更言っても詮無い事ですが、せめてもう1クール分尺があればこんな風に「アニメで見たかったシーン」をもっと見られただろうなぁ、と……。

原作連載中も、丁度この辺りからマメに感想を書き出していました。
感想を書かない時は、原作先読みで突発SSを書き落としまくりの、「原作萌えを叫ぶ会」で妄想混じりの考察もどきを書きなぐっていたり。

なので、もう今更な感のある原作の添った粗筋的なものや妄想もどきなあれこれは割愛して、純粋に「アニメ作品」を見てのアニメならではの感想を簡単に書きます。

その1.
ご馳走妄想中のピンクでハート飛びまくり(絵的に(^^♪)なエプロン姿かごちゃんと犬君が可愛かった!!
なんて言うか、本当に中学生レベルの子が自分が大人になったらこんな娘をお嫁さんにして~v な感じのほのぼのとしたイメージを強く感じました。
アニメスタッフも、この二人にはいくら相思相愛でも「大人な関係」は描きたくないんだろうなぁ、と。
そのくらい、ほのぼのしさが強調されていたように思います。

その2.
曲霊に身体を乗っ取られた琥珀君。
原作を読んだ時には、「あ~、身体乗っ取られたんだ」くらいの感想しかなかったのですが、アニメになって彩色され、声が入り、効果音が付きエフェクト処理されたら、どちらかと言えば小動物的な琥珀君が、物凄く悪どくなって「うぉぉぉっっ!!」と思ってみたり。

その3.
鼻が良すぎるのも困りモノだね、って話。
思いっきり白夜に馬鹿にされていますよ、殺兄。
ここは原作そのままです。
殺兄を足止めさせるために白夜が用意した妖怪千匹を、殺兄は爆砕牙の一振りで壊滅。
こんな事を続けていたら、そりゃ妖怪が現代まで生き残っていない訳ですね~~
爆砕牙の迫力を、音と光と動きで実感v

その4.
この回のヒロインは何と言っても珊瑚ちゃん♪
法師様の窮状を封印から漏れ聞こえる風の音で察知し、愛する人を助ける為に決死の覚悟をする。
闘いに出るその前に、これからの二人生きてゆくための『誓い』を込めて、法師様にくちづける珊瑚ちゃん。
こちらの二人は、戦国時代であれば十分成人扱いされるお年頃故、ちょっと大人要素が滲んでいますね。
かごちゃんだって戦国時代であれば15歳でお嫁にも行けます。
だけどかごちゃんは『現代人』
現代での『モラル』を踏まえ、未成年者として、作品内でもきちんと一線引いて扱っているんだと作者及びアニメスタッフの良識さが嬉しかったりもします。

少年漫画が原作ですからねv
ヤっちゃう事が重要なファクターになるTL系の少女漫画とは違う訳です。

曲霊に身体を乗っ取られた琥珀君ですが、琥珀君も必死で心の闘いを続けています。
心の闇の迷路に陥った琥珀君を導いたのは、四魂の欠片に宿った桔梗さんの光が見せた珊瑚ちゃんの幻。
あの時、自分が手に書けた父親や仲間。
敬愛する姉にも手酷い傷を負わせた。
それは、もう取り返しの付かない罪。
その罪の意識こそが、曲霊の餌。
罪の意識ゆえに、琥珀君が後ろ向きになったり現実逃避すればするほど自分に取っては都合が良い。

桔梗さんが見せた幻が出口である『光』を指し示し、姉の肉声が琥珀君を闇の底から引き上げる。

その罪を共に背負おう。
共に闘おう!!
お前はまだ、これからだ、と。

その力強い声は琥珀君の心に力を与え、四魂の欠片に宿る清浄な光を増幅させた。
琥珀君の心の強さに曲霊は、乗っ取っていた琥珀君の体から追い出された。
自分の命を繋ぐこの欠片が、今でも奈落を滅する切り札になると知り、何が何でもこの欠片を守るのが自分の闘いだと気付いた琥珀君。

琥珀君の欠片を巡って、全てのキャラが集まって、さぁ、これから!!

…なところで次回に続きます。

1週間以上前の、それも1回~2回視聴しただけでの感想だと、どうしても「物語」を追う様な感想しか書けないのが残念です。
折角のアニメ完結編。
次の感想は出来ればアニメならではの、動きや演出などについて書いてみたいです。
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【公式動画配信18 「人生の一大事」】へブログトップへ【公式動画配信20 「四魂の玉が完成する時」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。