スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信18 「人生の一大事」 

いやぁ~、この回 完結編の中で一番の「笑い」のある回ですね!
ほぼ原作どおりであるんですが、アニメとして動きと声の演技と効果が入ることで、物凄く「良い」ものになってます。

全編コミカルで、テンポが良くて、ちょっとドキっとさせるシーンもあって(^^♪
ママたちが温泉に行っちゃって、一人留守番状態のかごちゃん。
現代に帰ってきて、「今までの生活」を満喫するも寂しさは隠せない。
それでも受験本番10日前!!
もうがんばるっきゃない!! と気持ちを奮い立たせてみても……

そんな寂しい気持ちの所に犬夜叉、参上。
ここでの寂しさからの八つ当たりなかごちゃんの仕草と台詞が可愛いんですvvv

「犬夜叉だって、法師様や珊瑚ちゃんたちと温泉に行っちゃったりとかするんでしょ」

と、犬夜叉に背中を向けてベッドのうえに指で「の」の字を書いて拗ねてるんです。犬夜叉は、

「行くわきゃねぇだろ!? って行ってねぇし」

みたいな台詞を言って、拗ねているかごちゃんをもてあまし気味。
で、そのあとちょっとドキっとするあのシーンにつながるんですね。
原作を読んだ時も思ったんですが、この回の一番のお気に入りのシーンはかごママがかごちゃんの忘れた受験票を届けに来てくれて、かごちゃんの為に頑張ってくれてエールも贈ってくれた犬夜叉に、ぽふっと自分のマフラーを頭からかけて、

「とりあえず、その耳隠しましょうか?」
「今更?」

ってやりとりが好きなんです♪
かごママの何事にも動揺しない、大らかさが良いですよね~♪♪
これも、「動きのあるアニメ」ならではを楽しんで欲しいなぁ、と思える回です。

こんな風にコミカルにギャグっぽく現代でのかごちゃんの描写を入れているのは、最終回あたりの犬夜叉とかごちゃんの「三年間」に重みを出させる伏線なんだと思うんです。
現代での生き生きとしたかごちゃんの様子、自分の家の自分の部屋で寛ぐかごちゃん、かごちゃんを取り巻く家族や友人、かごちゃんの目標でもある「学ぶ」と言う事。
かごちゃんが大事に思っているもの、かごちゃんを大事に思っている周りの人々との関係。

犬夜叉はそれを自分の眼で見、耳で聞き、肌で感じている。
かごちゃんの居場所は、『ここ』だと。
それが解るから、無理は言えない。自分の思いを封じつつも、諦めきれずに井戸に通う。
時空を越えた少女と少年が出会って始まった「戦国御伽草子犬夜叉」と言う物語の醍醐味は、この部分かもしれないなぁと思っている私です。

今回の感想は短めです^_^;
その分、突発SSに手を出しています。
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【公式動画配信17 「曲霊の邪念」】へブログトップへ【公式動画配信19 「琥珀の欠片」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。