スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信6 「魍魎丸の最期」 

前回からの続きで、いよいよ魍魎丸が奈落に喰われる回ですね。
その前振りとして、何でも喰らい込む妖命樹のシーン。
50年前にこの妖命樹を封印したのは、在りし日の桔梗さん。
本当に稀代の最強巫女だったんですね。

その封印された妖命樹に四魂の欠片を与え、活性化させたのは奈落。
本来なら奈落さえも喰らうはずの妖命樹ですが、奈落の邪念や瘴気に穢された欠片を埋め込まれた事で、奈落の支配下に。
そのまま大喰らいでゲテモノ喰いの奈落に喰われて、さらに奈落は自分の体内に相手を吸収する力を強化しました。
まぁこれが自分の心臓=赤子+魍魎丸を喰らう、つまり取り込む為の準備。

妖命樹を背負って空を飛ぶ奈落に、折角その場に居合わせた犬夜叉達は波状攻撃をかけなかったのか、ちょっと間が抜けてる感じも。
余裕ぶっこいている奈落の顔面額にでも、かごちゃんが破魔の矢を射込めばこれからの展開を思うと、胸がすっとするのにとか思ったり。

妖命樹を取り込んでますます装飾過多な醜い姿になった奈落。
それでも意気揚々と犬夜叉達に捨て台詞を残して去って行きます。
弥勒様は、その戦う気の無い様子に何かあると考えを巡らしています。

一方、奈落を追う鋼牙は途中で桔梗と琥珀の二人に出会います。
四魂の欠片の気配ゆえに、桔梗にその存在を気付かれる鋼牙。
桔梗は鋼牙に、四魂の欠片を渡してこの場を去るように言います。
それは、一人でも犠牲者を減らしたい桔梗の慈愛からの言葉。

厳しくはあっても、もうこの時点で桔梗はあの生前の頃の桔梗となんら変わりはありません。蘇った時の憎悪と怨念のバケモノだった桔梗はいつしか真実を知り、自分の果たすべき使命を見定め行動を起こした時から、徐々に邪から聖へと属性が変わっていました。
桔梗の言葉を振りきり、魍魎丸を追う鋼牙。
同じように奈落を追う、犬夜叉達。

瘴気が渦巻く森の上空に、犬夜叉達は奈落と対峙する魍魎丸の姿を見つけます。
な~んて言うかね、奈落ってほんっとうに人望がないと言うか、自分の『心臓』にさえ裏切られてるんですよね。いや、それ以前にその裏切りさえも計算に入れて泳がせている風な? かな。
どっちにしろ奈落って、どこまで行っても『孤独』な存在なのかもしれません。
裏切りたい相手、憎むべき相手としてしか意識してもらえないとしたら……。

もしそれがなければ奈落自身の存在が成り立たないのなら、自分が好きになった相手や気になる存在からは、とことん憎まれ恨まれ忘れられない存在になる事が、奈落の悦びかも……。

今流行の『ヤンデレ』って奴?
奈落の精神が、病んでいるのは間違いないですけどね。

まぁ、そのヤンデル症候群の一種なんでしょうか?
あのしつこいまでの露出趣味は^_^;
全編通して奈落ってキャラは肌色率が高い!! 
そして、しょっちゅう肉片を飛ばしている。
この辺りからも、深夜枠に飛ばされた理由かも? です。

一旦奈落対魍魎丸戦は、魍魎丸に軍配が上がったように見えます。
いや~、なかなかにグロい対決でしたが^_^;
四魂の欠片は、琥珀と鋼牙の欠片を残しすべて一つになりました。
奈落に成り代わった魍魎丸を攻撃する鋼牙。

……鉄砕牙並にオプションをつけまくった魍魎丸の攻撃の前に、五雷指の攻撃も利きません。
犬夜叉は鋼牙とタッグを組み、鋼牙を囮に魍魎丸を地上に下ろし竜鱗の鉄砕牙で妖穴を斬ろうとします。
しかし赤子の持つ不妖壁の為、その妖穴が隠され犬夜叉と鋼牙はピーンチっっ!!
魍魎丸と犬夜叉と鋼牙、緊迫した場面で鋼牙の足は翠子の意思で動けなくなり、そこを魍魎丸に捕捉されます。
鋼牙はその足を魍魎丸に掴まれ、四魂の欠片ごと取り込まれそうにっっ!
妖穴が見えない犬夜叉は、竜鱗の鉄砕牙に向かって五雷指を放たせその妖力を吸収し、鋼牙の足を取り込もうとしている部分が魍魎丸の内部に通じているとそこを狙って竜鱗の鉄砕牙で斬り付ける。

一方、桔梗と琥珀の存在に気付いたかごちゃんと珊瑚。
二人は桔梗に琥珀の四魂の欠片を使わせないよう、急いで桔梗達のもとへ。
この時のかごちゃんは、恋愛感情抜きで犬夜叉の良き理解者です。
何よりも犬夜叉の頑張りを見て、その思いを受け止め、その頑張りが桔梗の為のものだと桔梗に伝えます。

ここからは、かごちゃんはヒロインからヒーローにジョブチェンジ(笑)
鋼牙君の足の欠片は自分が守る! だから、ここで待っていて欲しいと桔梗に告げると雲母に跨り、上空へと駆け上ります。
犬夜叉を『信じている』かごちゃんと、お前に何が出来ると呟きつつかごちゃんの後姿を見送る桔梗。

かごちゃんが凛々しすぎて、また桔梗さんが厳しく孤高であるからか、犬夜叉を挟んでの女の性をむき出しにしたようなドロドロの三角関係は感じられません。
共通の敵を前にした、共に闘う同志愛にも似た信頼感すら感じられるのです。

犬夜叉・鋼牙の元に駆けつけたかごちゃんは犬夜叉が斬りつけた魍魎丸の傷口から噴出す瘴気を破魔の矢で浄化、鋼牙を掴んだまま空に逃げ出した魍魎丸を追う為に、「行こう、犬夜叉!」と呼びかけ犬夜叉を自分の後ろに乗せ、雲母を駆って再び空へ。
いや~、このあたりのかごちゃん、本当にカッコいいです!!

かごちゃんの四魂の玉を見る眼が、魍魎丸の体内の吸収されずにそのままな四魂の玉を見出します。
かごちゃん達が訝っているその時、魍魎丸の内部ではいよいよ奈落が動き始めました。
魍魎丸に吸収されたように見せかけて、実は奈落こそが内部から魍魎丸を喰っていたんですね。

はい、相変わらずの悪食です。

奈落の攻撃を跳ね返す赤子の結界も、さっき取り込んだ妖命樹の力で破り自分の心臓である赤子を取り込もうとします。

赤子はそんなキモイ奈落が嫌で嫌でたまらず、思わず自分の鎧である魍魎丸の外に。
思いっきり自分の分身(?)に嫌われている奈落です。
外に出かけた赤子を鋼牙が狙うも、奈落に気付かれ瘴気を浴びて失神。
それを助けようとかごちゃん達が向かいかけますが、雲母の足を捕えられ岩山の岩肌に叩きつけられます。

雲母、痛いっっ!!

そうこうしているうちに、魍魎丸に変化が!!
今回、ここが一番笑う所でしょ? そうでしょっっ!?
魍魎丸の中から、キラキラとしたとびっきりの微笑を浮かべて、春先のすっぱにトレンチコートの変態さんよろしく、あるいは某忍者の卵のナルな上級生のごとく現れた奈落。
急所だからか、キラキラした金剛石でカバーしていましたが、あれは間違いなくわいせつ物陳列罪。

原作を読んだ時にも思ったのですが、現代っ子のかごちゃんがぶっちーんと切れて、邪念塗れの急所を破魔の矢で射抜かないかと思ったりもしたものです。
丁度一緒に家族と動画を見ていたのですが、お互いあまりに恥ずかしくて眼を背けてしまいました。
その後には、さっむ~い笑いしか浮かびません。

そんな感想は一応おいて置いて、鋼牙君を助けるためにかごちゃんは鋼牙君を捕まえている奈落の腕を浄化しようと犬夜叉を置いて再び雲母に飛び乗り、鋼牙君の側へ。
雲母の上から矢を放つかごちゃん。
うん、今回のヒーローはかごちゃんかも(笑)、です。
その矢は外れてしまい、奈落にあざ笑われてしまうのですが、鋼牙を守護する妖狼族の先祖の霊に力を与え、翠子の意思から一度だけ鋼牙を守ります。
そうして無事、奈落の触手から脱する事が出来た鋼牙君。

その脱出口に赤子の姿を見つけ、風穴を開き赤子を吸込もうとする弥勒様。
無尽蔵の瘴気を吸込み、目や口から血を流し吐き出しながらも珊瑚の為にも必死で風穴を開き続ける。
赤子の持つ不妖壁を吸込み、赤子をもと言う所で犬夜叉が弥勒の風穴を封印する。
力果てた赤子は奈落に吸収され、またまた高笑いを残して奈落退場。

瘴気で満身創痍の弥勒様を浄化する桔梗さん。
しかし、その瘴気がまた桔梗さんの身体を ――――
ここまででが今回の内容です。

内容盛りだくさんな為に、動画を再生しつつ止めては感想を書いていたら、とんでもなく長くなってしまいました。
いやうろ覚えで、あいまいな感想じゃいかんよね、と思ったのですが(汗)
むしろインパクトのあった、キラキラ奈落の所だけぶっちゃけな感想を書いた方が良かったかも? な気もします。
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【公式動画配信5 「妖霊大聖の試練」】へブログトップへ【公式動画配信7 「梓山の霊廟」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。