スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信4 「竜鱗の鉄砕牙」 

今回の放映内容はおおよそ原作の39巻の後半部分から40巻の前半分+41巻+44巻の一部です。
「竜鱗の鉄砕牙」関連の回を、ここで一気に集約したような感じ。
前回の放送内容に39巻の前半部分が入っていたので、このあたりは割りと原作どおりの流れで、そこまで性急な感じはしませんでした。

それにしてもここまで巻数が跨るのは、犬夜叉一行の話と平行して鋼牙サイドでの話も進めているからと思います。
放送の尺の関係、およびサブキャラでもある哀しさか、かなり鋼牙君サイドのエピソードは削られています。あと置き換えもですね。

「神楽の風」回での闘鬼神が折れるエピにあった、殺生丸が魍魎丸の金剛槍破の腕に掴まれて握りつぶされそうになった場面が、鋼牙君に置き換わっていました。
このあたりは、奈落に対する三大勢力が揃い踏みした感じのあるあたり。
犬夜叉一行に殺生丸一行、それに桔梗と琥珀。
ここも、「山場」と言えば山場。
魍魎丸編は結構長かったし、結果として最終決戦時には退場しているキャラ。
なので、あまり尺のない現状では、それこそぎゅっと纏める必要があるのでしょう。

で、前回のタイトルは「冥道残月破」
その「山場」を捨てて、闘鬼神の見せ場を涙を飲んで見送った訳は、これですね。
早い時期から天生牙のパワーアップ編に力を入れる為。
それもあまり駆け足では、その重要な意味合いが薄くなるから1回ごとのシーンは少なくても、「修行」をしているシーンを大事にしたいのかなぁと。

それは取りも直さず、「冥界編」を重要視しているから! 
と思いたいのが、殺りんファンの性です^_^;



さて、前置きはこのくらいにして感想いきます♪
今回の見所は、なんといってもズバリ、犬夜叉!!
なんて言うかね、犬夜叉の表情が良いんです。
原作に近いと言うか、本当に「少年」っぽくて。

正統派少年漫画の主人公らしく、熱くて強引で自分の仲間や相棒を信じきっていて、怯ます一歩先に踏み込む覚悟もあって、と色んな意味でも「正統派」だなぁと。
共に闘う相棒としての、自分自身の「分身」としての鉄砕牙に寄せる信頼も篤い。
労わる言葉は、ちょっと恥ずかしくなるくらい良いv

犬夜叉の鉄砕牙も頑張りすぎて、オーバーヒート気味で倒れてしまった犬夜叉を、白夜から守ろうと破魔の矢を構えるかごちゃんの勇ましさ・凛々しさも良い!!
私的好みから言うと、EDの赤い糸の犬かごよりお互いの背中を預けあって、運命を切開く闘いに挑む二人の方が「萌え」だったりします(*^^)v

かごちゃんって、この手の物語には珍しい「自立した」ヒロインのような気がします。
いえ、どのヒロインも「自立」はしているんですけどね。桔梗さんからりんちゃんにいたるまで。
その中でも特にかごちゃんは、主人公(ヒーロー)に近い立ち位置だなぁと感じるんです。
間違っても、「お姫様」ヒロインではない。
桔梗さんや珊瑚ちゃん、りんちゃんにいたってはそういう「お姫様」要素が無い訳じゃないのに、かごちゃんにはそれを感じないんです。
これはかごちゃんが、「現代人」だからかなぁ……。
他の三人がパートナーに「ついてゆく」タイプなら、かごちゃんは自分で「引っ張ってゆく」タイプだからかもしれません。


脚本での原作シャッフルが物凄いので大雑把な「物語」の流れは掴んでいるものの、アニメ作品と原作を突き合せるほどに迷路に迷い込むようです。
ここは完全に「原作」「アニメ完結」と切り離したほうがかえって混乱せずにすみます。

先行地域では昨日放映分で6回目まで放映済み。
こちらはまだ未視聴なので、この感想記事を書くにしてもあまり的外れな先読み感想を書くものアレですので、ちょっと公式サイトを覗いてきました♪

5話目「妖霊大聖の試練」… 金禍・銀禍のエピとぴらぴら妖怪・妖霊大聖による修行の話。

6話目「魍魎丸の最後」… ここまでで大よそ45巻までを駆け足で再編成し終えた事になります。

7話目以降の脚本で、それまでにストックしていたエピを活用する事もあると思いますが、基本的には原作どおりの流れになって行くかなぁと思っています。

「犬夜叉完結編」は全26話構成。
残り20話に対し、消化する原作巻数は11巻。1巻あたり2話分の尺が確保できたと思って良いのかもv
先行放送の次回からが、いよいよ「犬夜叉完結編」の本番なのかもしれません(*^^)v

う~ こちらは動画配信待ちの2週間になりますが(苦笑)
待ち長いよ~~~~
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【公式動画配信3 「冥道残月破」】へブログトップへ【一目ぼれは、イルカに乗った少年でした】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。