スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信1 「奈落の心臓」 

見ました~(^^♪
犬夜叉完結編第一回配信分、「奈落の心臓」

2週間前にも最速地域の管理人さん方の感想日記を読ませて頂いて、先読み(?)っぽく妄想感想を書いていたのですが、やはり百聞は一見にしかず、ですね。

脚本に関しては3倍速だの、超詰め込みだのと言われていたので、そんなものだと構えて見ていたせいか、さほど目まぐるしいようには感じませんでした。
むしろ上手く構成してあるようにも思いましたし。

回数的制約の中、全部を入れるのは無理なので沢山あるエピソードのうちどのエピソードを拾い上げるか、またそのエピソードが先々の伏線になるようにあえて原作の流れをシャッフルして脚本を起こしたんだなって。

その為に脚本家は、原作をかなり読み込んでくれたのだろうというのを感じました。
それとファンの希望を組み上げようと、私たちの方を向いて作ってくれているのも物凄く感じます。
5年前の振り返りも無く、唐突に始まったような印象すらある「犬夜叉完結編」
脚本も1期視聴済み・原作既読を前提に書かれているようにも思います。

TV放送番組のアンカー的位置付けでの放映、深夜アニメらしくない萌えでもエロでもない内容。(まっ、多少グロ表現は入ってくるかとは思いますが…。作品世界観的に外せませんし)

そして何より目を奪ったのは、その作画・背景・演出(エフェクト)などのクオリティーの高さ!!
本当に綺麗ですね!!!
本編中の背景の上手さは1期の時からですが、もっと上手くなっているようにも思いました。
確か背景担当者の中に、もとジブリの背景担当者がスタッフとして入っていたという話も聞いた事がありました。

OP/EDに関しては、曲そのものはOP、絵的にはEDかな? って印象です。
ただ哀しい事に動画配信にありがちな、再生の初めの方は音声が乱れる現象が起きて、もわぁ~んと音が伸びたりぷつっと音が切れたりするので、ああもうっっ! な気持ちで聞いています。

OPの絵柄は何と言うか、昔のサンライズらしいような。
犬夜叉映画第4弾の時にも思ったのですが、前に向かって進むイメージのキャラ達の横顔、これは故長浜監督が打ち立てた「ロマンロボットアニメ路線」の流れ。

ふと思えば、もし長浜監督が存命でこの「犬夜叉」という作品の監督を務めていたら、今よりもロマンテックかつ悲劇性が高く、大時代的な台詞回し殺陣が重視された物になっていたかもしれませんね。
もしかしたら青木監督も何らかの影響を受けているのかも、です。

EDの映像は、1期のEDイメージの総集編ようです。
切なく美しい映像は、目を見張るばかり。
まぁ、最後の犬夜叉とかごめの「赤い糸」はちょっとメロウすぎるような、少女漫画的演出かなぁとは思いました^_^;
犬夜叉の時代的ではない感じですね。
かごちゃんに合わせたのかな?

第一回の配信では、神楽がとても目を惹きました。
もう美しくって、とてもらしくて。
やってきた事、やらされた事は悪逆非道なことばかりで鋼牙なんて憎くて憎くて、バラバラに引き裂いても憎み足りないようなキャラですが、その根底にあったのは「奈落からの開放」、なんですよね。本当に、もうずっと「自由」になりたかった神楽。
だからと言って、やった事は最低だし許されもしない。
でも、それが「妖怪」
「人間」の倫理なんかで計れるものでもない。

そんな「妖怪」でも変わってゆけるものもいる。
変われないモノもいる。
「人」と関わり変わってゆけたのは、殺生丸や神楽。
変われなかったのは、奈落。

そんな所にも、「犬夜叉」という物語の面白さを感じます。
原作的にもこの辺りの神楽と琥珀の関係っていうか雰囲気から、私的には琥珀×神楽、だったりします^_^;
殺生丸×神楽、も年齢相応で美しいツーショットなのですが、神楽や殺生丸の性格上それはなさそう。
神楽が殺生丸の前では純粋すぎて、また自分の出自を嫌という程知っているから。
殺生丸も神楽は奈落の分身である事をどこまでも忘れないし、でも「神楽」そのものには憐憫の情を抱けるまでに、精神的に成長しているんですよね。
原作で先を知っているから、ついつい次回の感想めいた事まで書き込んでしまいました。
続きは今週の金曜日以降ですね。

次回の予告は「神楽の風」
予告映像も、とても美しかったです。
あの、切ないほどに美しい神楽の表情。
神楽に取っての殺生丸は、恋慕に近しいほどの憧れなのだと思うのです。
強くて誰よりも自由に生きている殺生丸。
自分もそうなりたかった神楽。
私の眼には、そう見えたのです。

来週の配信も、今からとても楽しみです(*^^)v
WEB配信って、手軽で本当にいいですね♪
PC作業中にちょっと見たくなったら、すぐ見れるのは便利便利vvv

まぁ、上の方でも書きましたが再生最初の音声やちょっとした画像の乱れさえなければ、十分満足ですv
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【2008.29号 558話 「明日」 犬夜叉最終話】へブログトップへ【公式動画配信2 「神楽の風」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。