スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


週刊犬夜叉感想(再録)

2008、15号 545話 「絶望」 

今週は水曜日に顔出しが出来ましたv
一言感想は、

りんちゃ~んvvv もう、絶対可愛い!! なんていい子なのっっ!!!

りんちゃんの冒頭の言葉!
あれで、もうりんちゃんってなんて可愛いのっっ!! というか、ある意味殺兄を【導くもの】なのかとかvvv

「殺生丸様、珊瑚様を追いかけて!」

りんちゃん、自分より目上の者や対外的な立場の者にはちゃんと尊称をつけて呼ぶんですよね。
これがまたりんちゃんの礼儀正しさと言うか、奥ゆかしさを感じさせるというか。
それにこんな事をあの殺兄に言える子って、りんちゃんの他には居ないし♪
なんだか殺りん的にはこのシーンだけで、ホクホク気分。

本編の流れで言えば、そんなホクホク気分もぶっ飛んでしまうんですが。
先週、ちらっとオタで書いてみた「あの奈落って本当はニセモノなんじゃね?」って読みは、完全に外しました。
弥勒様や珊瑚ちゃんの【絶望】を糧に、かごちゃんに砕かれた体を奈落は再生してしまいました。
風穴の限界を感じている弥勒様と奈落の瘴気を浴びてしまった珊瑚ちゃん。
どちらも瀕死の態です。

ただの人間である(?)二人の無残な死に様を犬夜叉やかごめ、それに琥珀に見せつけそこからより深い怒りや憎しみ、無力感のような闇に繋がる負のパワーを搾り取ろうという魂胆。
紙一重のところでりんちゃんが助かるのも、実はりんちゃんを殺した場合、殺兄がどう出るかが吉凶半々だから。
吉の場合は、りんちゃん死亡・怒りで殺戮衝動の鬼と化した殺兄をうまく取り込めれば、それこそ地上最強の力を手に出来るかも。
凶の場合は、取り込めなかった場合。
見境ない殺戮衝動・破壊衝動のもと爆砕牙をあの結界の中で振るえば、さすがの奈落も消滅は免れない。
ただこの場合、違う形で『四魂の玉』は残りそう。

そして解説役の刀々斉と冥加の登場で、いよいよ鉄砕牙の最終進化形のお披露目でしょうか?
冥道残月破を殺兄が会得した頃、私はその技が余りにも『癒しの天生牙』には不似合いで違う性格を持たせられないかと二次創作でちょこちょこ書いてました。
敵を冥界に叩き込む事が出来るのなら、癒しの力で浄化した後天界に送る事は出来ないかと。

先週白夜が冥道残月破の妖力を吸い取っていました。
1回だけは同じ力が使えるらしい。
私はこれを奈落の本体脱出用かなと思ったんですけど、留美子先生は本物対ニセモノの対決パターンが好きなので、ここは本物の冥道残月破対ニセモノの冥道残月破対決でしょうか。
犬夜叉の冥道残月破が途中でジョブチェンジして送り先が冥界から天界に変更になるような、そんな大きな心理的変化がこの後あるのかもしれません。
いやいや普通に考えれば、ただの力勝負になる可能性の方が高いかな?

で、ここでまた感想の出だしに戻るのですが♪
あ~ん、突発書きたい~~!!!
今週の殺兄に号令を出すりんちゃんと、絶体絶命な弥勒様・珊瑚ちゃんを助ける為の話をv
なんだかんだと言っても小さいもの好き(笑)な殺兄なので、りんちゃんが頼めばなぁと。
先に奈落の瘴気で死んだ珊瑚ちゃんを腕に抱いて静かに微笑んでいる弥勒様の、今にも張り裂けそうな風穴。共に風穴の中に吸込まれ、消滅するのを待っている。
不思議と弥勒様の心は和いでいて、黄泉路を行くのも珊瑚ちゃんと二人でと思っている。
そこに遅れて殺一行、到着。
奈落の思惑は、殺一行も風穴の巻き添えで吸込まれてしまえってところ。

ここでりんちゃんが頼み込む。
珊瑚ちゃんを、そしてこのままでは死を免れない弥勒様を助けて欲しいって。
で、それから ――――

まぁ、以前七宝ちゃんが頼み込んで、甘太くんのおっ父を蘇らせてもらって事があるし。
珊瑚ちゃんはともかく、天生牙で弥勒様の風穴が切れるかどうかは謎ですが^_^;
でも、書いて見たいネタです~~~><

………で、最終回までのカウント・ダウンなんですが。
あと5回ってことはないですよね?
今週が545話目。コミックス1冊が10話なので、55巻で完結なら残りの話数は……。
初回が2回分のボリュームなので、あとほんのもう少し続きそうですね。


➜ 2008.24号 554話 「井戸の異変」
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【2008.14号 544話 「中心」】へブログトップへ【2008.24号 553話 「井戸の異変」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。