スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


思うこと色々

原作を応援する事≠二次創作 

これは、あくまでも私個人の私見として、「原作ファン」が運営する「二次創作サイト」として感じた事を、ここに書き落としておきます。

最近、良く考える事です。
「二次創作」と言うものが、以前と異なり変質して一人歩きしているように思える事があるなと。
二次創作の原形質は、その作品のファンであると言う事。

その原作が好きすぎて好きすぎて、妄想が膨らんだその先にあったのが、「二次創作」。
昔から二次をやっていた私には、「好きだからこそ、自分の嗜好や萌えだけで原作キャラを安易に改変したくない!」と言う想いがずっとありました。
また「二次創作は原作あってこそ!」の思いも強く、原作の一部部分である「キャラだけ萌え」は出来ない性格でした。

「二次創作」は、ちょっと厄介な趣味です。
厳密に言えば、著作権法に触れる危ないモノ。
著作権法が親告罪(権利を持っている方が訴えなければ罪にならないもの)であるがために、ひとえにこの趣味を続けられるのはその権利を持っている原作者サイドの、 「お目こぼし」によるものだと自覚していないといけないと思っています。

なぜ原作者サイドが黙認してくれるかと言えば、自分の作品を好きでいてくれるファンが運営していると思っているからだと思います。
ファンを大事にしたい気持ちなんだろうなと。

ここからはサイトやオフ活動などで、自分が作った「二次創作」を自分以外の人に見られる場合を想定して話を進めてゆきます。
私個人としては、個人がその原作からどれほどかけ離れた妄想をしようがキャラを改変改悪して楽しもうが、それは自由だと思っています。
ただそれを「外」に出す場合、本当にその原作のファンの人の前に出しても大丈夫かどうか、問題がありそうな場合それへの指摘もちゃんと受け入れられるかどうかを自問して欲しいのです。
オフの場合は同好の士が集まる場所でもありますし、紙媒体であればその発行した部数止まりという制限があります。
だからこそ原作者サイドも黙認しやすかった。

そんなオフの世界でも、私から見て二次創作で利益のあがる活動はやはり著作権法に抵触するのではないかとずっと思っていました。
そんな大手はほんの一部ですが、専業二次同人作家の中には、「売れる事」を優先し、その為に売れそうな原作を漁ると言うもともとの二次創作のあり方から外れてきている側面を感じます。
その時その時の「自分の好きなもの」で活動している場合はこの限りではありません。


さて、これが今度はオンの世界になると、それこそワールドワイドな影響になる訳です。
いまや誰でも手軽にサイトやブログが持てる時代。
場所も時も、国境ですら関係ありません。
それだけに、自分が発信した物は「どこの・だれが・いつ」見るものか判らないのです。
だから「検索避けを!」、と声高に言うつもりはありません。

私自身は、「二次創作」を目にしたくないだろう原作ファンの存在を考えて検索避けをしています。
原作ファンの方が二次創作を受け入れられない理由も判るからです。
現在女性向けの二次創作の八割が「801」物です。
これも昔から変わりません。
原作でソドミーならそれもありですが、大半は熱血な少年や青年が力を合わせて頑張っている物語や、目的に向かって日々試練を乗り越え成長してゆく物語。
そこに仄かに添えられる師弟愛や、異性とのドキドキするような感情とか。

それを物語の本編は殆ど無視して、同性同士で挿れる挿れられるの「アッー!」な話に作りかえられるのですから、気持ち悪いと感じる人も多いでしょう。
その際に、そのキャラの性格改変や容姿改変は当然セットされています。
男女カップルの場合も、上に準ずる改変はもうディフォルトですね。
もちろん、それがダメとは言いません。
そんな事を言ったら、私自身サイトを閉鎖しなくてはならなくなりますから。

そういう特殊なものをWEBに上げ、ネット環境さえあれば誰でも見られることで広がる影響力は、なかなか怖いものがあるとそれを自覚して欲しいと思うのです。
その点を考えると、やはり検索避けは必要かなと思えたのです。
それとサイトTOPに取り扱い傾向の明記や注意書きも必要ですね。

それとはまた別に、最近ネット上で
「書かなきゃいいのに。そーゆー事は胸の中にしまいこんでおきなよ」
と思う事がたびたびあります。

例えば、連載中の作品に関しての一言。

「お気に入りキャラが出てないんで、立ち読みもしてない」
「この展開、むかつく! さっさとこのキャラ引っ込めば良いのに。そしたら○●カプがラブイチャ出来るのに~」
「○○ファンの気持ちが判ってない原作者ってサイテー! もう原作イラネ」

……いや、その^_^;
別にその作品はそのキャラだけの為の物語じゃなくって、どのシーンもどのキャラもその物語には必要なんですけど? と言いたくなること多数。
そしてその原作名を挙げてサイトなりサークルなりを運営していれば、当然その原作のファンが見にく来る訳です。
「二次」の時点で回れ右する人もいれば、原作が好きだから色々見たいvって気持ちの人もいる。
そんな閲覧者が原作叩きをしているような記事を仮にも「ファンサイト」を名乗るようなところで目にするダメージは決して小さくはないでしょう。
原作叩きで盛り上がっている様子を遠目に見て、その原作そのものが嫌になった人もいるのではないかと思うのです。

あるいは

「二次の時点で、原作とは別物。だから自分の作った二次キャラで原作ではありえないほどのあれやこれをやって楽しむの! 二次サイトに来てるんだから、そんなの常識よね? 原作と違うと言って文句いう奴は痛いよね」

と言って、作られた物が原作の原型を留めないものであっても、それが創作者の完全オリジナルでない限り、元キャラの影をそこに見る訳です。その上で、

「こんなキャラ、キモイよねv サイテーだよね♪ あっ、でも別にこれは自分が作ったキャラがそうなんで、原作キャラがそうな訳じゃないからね(^^♪」

と予防線を張る。
キモイのもサイテーなのも、そう作った創作者の責任。
そう作らなければ、キモイのもサイテーなキャラも存在しない訳ですから。

と、ここまで書いてきたら、「二次創作」が決して原作の応援行動だと言えないと言う事が判ってもらえると思います。
そういうアンチ傾向のあるファンサイト(…いや、それならファンサイトを閉じた方が双方共に精神衛生上良いような気すらします)や、原作の設定なんてどーでもいい! 自分設定サイコーなところは是非サイトTOPにはっきりと判るように明記してくださるととても助かります。

上の例は全体の中のほんの一部で、大半の二次創作サイトの運営者は原作のファンであるし、応援している気持ちを持っています。
それをどうやって現したらよいのか?

ここで、最初に書いた事に戻るのです。

「好きだからこそ、自分の嗜好や萌えだけで原作キャラを安易に改変しない、世界観を大事にする」

私が書く二次創作の中でキャラ名消したらなんの二次か判らないモノは、私の中ではその原作の二次でありません。
これはもう自分の中では絶対です。
好きだから、応援しているから、その作品の良さを自分の二次創作の中で伝えたい。
素人の作るものだから拙いのは承知でも、その気持ちは忘れない。

「原作あっての二次創作」
その原作の縛りが窮屈に感じるようになったら、二次同人を卒業して創作同人へ移行する時期かもしれません。

「原作に尊敬の念を忘れない」
そう思えなくなったら、そのジャンルから静かに撤退しましょう。
また新たな萌えジャンルが待っていると思います。
そして、どの原作に対してもその感情を持てないと言う方は、およそ創作に向いてないのかもしれません。二次に限らず創作活動の根本には、先達の残してくれた作品に触れ、それに共感し畏敬の念を抱きつつ、また自分ならこうするとの反発も含めて創作を行うものだと思うからです。

二次創作は「他人のふんどしで相撲をとるような行為」、ひっそりと活動するのが分相応。
その代わり、原作を応援する気持ちは声を大にしてやってゆきたいと思います
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【5.サイトっぽいブログに変身 その1】へブログトップへ【6.サイトっぽいブログに変身 その2】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。