スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


拍手返信&雑談

拍手返信~9月15日まで &雑談 

たくさんの拍手、ありがとうございます♪
今回ある意味HTMLサイトとブログとのハイブリット構成にしたため、頂いた拍手やコメントの返信を送っていただいたツール別に返信しています。
サイトで頂いた分はサイトの返信ページで、このブログで頂いた分はこのページでと。
拍手関係は纏めたほうが良いのかなぁ、とも思うのですが、基本ここの管理人は構ってもらいたがり(笑)なので、しばらくはこのスタイルでやってゆきます。
気が向いたら、構ってやってください(^^♪
多分、書くスピードが上がるものと思われますv

以下、雑談。

このブログを稼動させた時には、別に「雑談」のカテゴリーを設けていたのですが、そこまで構えて雑談するかな? と思ってしまいました。
どちらかと言えば、頂いたコメントや拍手へのお礼代わりに、ここで創作の裏話みたいにちょろっと語るくらいが丁度いいかも? と考え直し、カテゴリーを一緒にしました。
ついでに、連載分の並びも降順から昇順に、新しい物が上に来るように並び替え。
この「月華覇伝」は全部で12章+おまけ1章という構成になっています。
1章ごとの長さは、それぞれで(汗)「覇伝5」のように4話で1章の分もあれば「覇伝4」のように2話で1章の場合もあります。
その場面を書くのにどれだけの文章量が必要かで増減します。

……そのあたり、ぶっちゃけかなりアバウト。
書きたい!! と思えば色々膨らむし、うわっ、これうだぐだと長すぎ! と思えばばっさり切るしで、書いてみないと分からないのが本音。
締め切りが有る訳でもなし、枚数制限が有る訳でもない。
心のままに、心置きなくかけるのがWEB小説の最大のメリットv

そう割り切ってみたら、すっと気持ちが軽くなったのも確かです。
今まで、「この話はこの位の長さで!!」に拘っていた部分がかなりありました。
それがどこかでプレッシャーになっていた部分も。

今はそれがありません。
筆が乗っているのも、そんな気持ちの切り替えがあったからかもv
そしてこの話、一番最初に書きたい!! と思ったのは、構成の上ではおまけ扱いの最後の1章だったりします(爆)

ある時ふと浮かんだワンシーン。
パラレルで中華風な身なりの殺兄が、早朝に後宮のある部屋から出てくるっていうもの。
部屋の住人は、もちろんりんちゃんでv
だけどこのりんちゃん、どー見ても側室とか側女とか、あるいはお妃候補のお姫様とか、そんな感じゃない。
後宮の中でも下っ端扱い、使いっぱしりの女の子でしかなくて。

そんな二人を、どーしたらそんな関係に持って行けるかな? と考え始めたのが、この話なのです。
一番書きたいところは、最後の最後。
そこまでまだまだ半分以上残っています。

「ああ、こんな事があったから、この二人こうなったんだv」

と思えるよう、頑張りますね♪



関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【月華覇伝5-3】へブログトップへ【月華覇伝5-4】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。