スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


思うこと色々

趣味として書く 

同じ文章を書くに当っても、それはもう色々な文章があります。

仕事で書くビジネス文章や報告書。
学校や地域で活動する際の委員会文章や広報記事。
それから「書く事」そのものが仕事である雑誌や新聞社の記事文章や、小説家や詩人が書く「プロ」としての文章。

そんなある意味公的な文章とは別に、趣味で書く文章もあります。
同人誌を作り配布して手に取ってもらわねば見てもらえなかった昔と違い、WEBに載せれば色んな人に見てもらえるオンラインノベルの分野は年々盛んになっています。
商業作品とは違う、勢いのある作品に出会うことも多いオンラインノベル。
もちろん、そのまま商業デビューできそうなクオリティの作家さんもいれば、書き出して日も浅く荒削りすぎて正直読みにくいなぁと思う作家さんもいます。
キーボードに打ち込んで書くものがほとんどなので、キータッチの間違いや変換ミスなどが起こりやすいのが原因か、誤字脱字・てにをは間違い・誤用の多いのも、オンラインノベル特徴かも? です。

まさしく玉石混淆。

でも私にとっての「玉」はなにも、誤字脱字・誤用の無い正確な文章を書く作家さんではなく、誤字脱字があろうが多少内容に齟齬があろうが、書き手の「これが書きたかった!!」と言う気持ちが伝わってくるような、そんな作品を書かれる作家さんなのです。

誤字脱字を減らす方法は、時間を置いて校正するだけでもかなり減ります。
誤用の場合は、間違った思い込みがあるので、読み返しただけでは書いた本人、気付かない場合多いのかなぁ?
勢いのまま、書き上げてすぐWEBに上げる事もあるので(…実は、私もその一人^_^;)、校正不足ゆえですね。

そんなことじゃいかんぁと思いつつも、書き上げたらすぐ誰かに読んでもらいたくなる。
でも、そこは趣味。
趣味で、しかも無料で読めるオンラインノベルを楽しむつもりなら、国語のテストを採点するようなアラ探しは無粋。読んでて気付いちゃったら、こっそり教えてもらえると嬉しい作家さんの方が多いと私は思っているのですが。
誤字脱字や誤用はどうして許せない、そんなことじゃいかん! と思われる方は、本来あまりオンラインノベルを楽しむのには向いていないのかもしれませんね。

ただ、本当に「良い文章」を書かれる方は、まず読み手の事を考えて書かれる方が多いようにも思われます。
誤字脱字・誤用の多かった作家さんでも、書き続けてゆくうちにだんだんそんなミスが減ってきて、文章の構成そのものも読みやすく変化してゆきます。
その時に、「勢い」や「これが書きたかった!!」と言う気持ちがそのまま残っていれば、読み手としては神の誕生を見る思いです(笑)

そんな「神」を生み出すのは、心の広いファンの力かもしれません。
自分では気付かなかったミスを優しくそっと指摘してくれる、そんなファンの存在があってこそかもと。

誤字脱字や誤用のない正確な文章、拘って使う難しい漢字や言い回しなど、国語のテストであれば満点のモノでも、読み手にとって読みやすい・読みたいと思わせるものでなければ、やはり魅力的な文章ではないのだろうなぁと思うのです。

趣味で書く文章であっても、書き終われば私もその文章を読む一読者。
一読者の目から見て、読みやすく魅力的な文章が書けるようこれからもボチボチと精進してゆきたいと思います。
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【9月16日~10月17日分まで】へブログトップへ【テスト投稿】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。