スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


犬夜叉完結編感想

公式動画配信23 「奈落 光の罠」 

前回からの続き、曲霊が殺生丸の天生牙に切り捨てられるシーンから入ります。

この時の犬兄弟のタッグシーンは、何度見てもいいですね♪

特に殺兄の「決め」のシーンはvvv
曲霊が消滅した事でかごちゃんの霊力は戻り、妖犬化していた犬夜叉もかごちゃんに触れた瞬間浄化され、元に戻ります。

その結果、奈落の瘴気も浄化され、ようやくりんちゃんの臭跡を追える様になった殺兄は一目散にそちらの方向に(*^_^*)

解りやすい性格ですね、殺生丸様v
そんな兄が好きだったりします。
ご主人様命! の忠犬みたいにも見えて。

かごちゃんに霊力が戻った事で四魂の玉に希望の光が戻ります。
その光を弥勒様と珊瑚ちゃんに見せて、もう一息頑張れば奈落を倒せる!! と思い込ませ幻の奈落を討たせようって策略。
弥勒様の風穴が限界なのを知って、優先順位は目の前の奈落を倒すよりまずは弥勒様の風穴を封じる事と判断し、その場を離れる二人。

一方珊瑚ちゃんの方には幻の奈落と本物のりんちゃん。
りんちゃんを人質に取り、「どちらがお前に取って大事か?」なんて事を聞いちゃう幻の奈落。
そりゃ、珊瑚ちゃんに聞けば弥勒様だし、殺兄に聞けばりんちゃんだろうし。
そして、胸からずぶっとりんちゃんを取り出す図は、やっぱり動きがある分アニメの方がエグいですね^_^;

ここからは二元中継。
(いや、アニメだからではなく、ね)

弥勒様の所に駆けつけた犬夜叉とかごちゃん、間一髪で風穴を封じる事に成功。

りんちゃんに向かって投げつけられる飛来骨。
それは殺生丸の働きで、最悪の事態は回避。
この時の殺生丸が、原作の殺生丸よりとても穏やかな感じ。
琥珀君に言われるまでもなく、りんちゃんが無事なのも自分がりんちゃんをどんな時でも守りおおせる事の自信からか、はたまた「人の心」を「想うこと」が出来るようになったのか。

珊瑚ちゃんの真意が「りんちゃんを殺す事」に在るのではないと冷静に判断できたからかも。
珊瑚ちゃんの覚悟も、りんちゃんへ防毒面を渡す様子も冷静に受け止め、それを胸のうち一つに収めている。
兄の魅力がまたまたUPしていますv

白夜も奈落の分身なんですが、妙に醒めたそして優しい部分があるキャラですよね。
冥道残月破の妖力を盗むシーンを七宝に見られながら、穴が閉じる前に逃げろ、みたいな声をかけて行くし。

奈落の最後の分身である白夜。

彼は奈落に残った最後の「客観的な自己」なのかもしれませんね。
客観的に、「醒めて」物事をみている風で、でもこんな「自己」までが「主体」である奈落を見捨てるのはあまりにも忍びない。
これからどうなるかも予見して、それが「破滅」でしかないと解っていても、最後まで奈落に付き合ってあげた。
そんな感じ。
神楽や神無に比べて、より自分が「奈落」であることを承知して割り切っている。
所詮、「無いモノ」なんだと。
そう考えると切なくて、憎めないキャラでもあります。

それにしても、アニメスタッフv
奈落の裸がお好きみたいですね♪♪♪
裸体のシーンに、力が入っているように感じるのですが。
そして、このアニメのココだけは譲れない!! と言う絶対領域。

それは奈落の股間とかごちゃんのパンチラ描写。
いかに不自然でなく(笑)、それを隠すかに精力を注いでいるようにも思うのです。


……この感想は、最終話まで公式動画配信でまとめ見をした後に書いています。
最初にこの1本を、少し時間をずらして残りの3本を視聴した結果、感想を書こうと再視聴しようとしたらこの回だけ2日間の視聴期限が切れていました。
なので、これだけは初見を思い出しながら書いたので、他の感想と比べかなり短いです。
また、この辺りから前回の内容を冒頭シーンに持ってくる「振り返り」部分が結構入ってきています。
感想を書くときも、その部分がついダブり気味になっています。
関連記事
*Edit TB(0) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

【公式動画配信22 「奈落 闇の罠」】へブログトップへ【公式動画配信24 「奈落 儚き望み」】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。